読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎ駆動開発

UWP, Xamarin.Macを中心によしなしごとを書いていきます。

VisualStudio 2015 Update2 の XAML In-App tool がいい感じ

WPF VisualStudio

VisualStudio 2015 Update2 が今日から配信されました。

Visual Studio 2015 Update 2 | Release Notes

業務ではWPFを書く機会が多いのですが,そこで気づいた新機能。XAML Diagnostics:In-App toolが大変便利。

f:id:ailen0ada:20160331211852p:plain

タイトルバーの下に出ている黒いのがそれ。左からLive VisualTreeへのリンク,選択モード開始,レイアウトオーバーレイ表示の切り替え。

ざっくりこんな感じに動きます。

f:id:ailen0ada:20160331212149g:plain

Margin が黄色で表示されたり Padding で確保された領域が水色のレイアウト領域として見えたり,クリックでLive VisualTreeに飛べるのでごちゃごちゃしてきたXAML には無類の強さを発揮(MahApps.Metro (http://mahapps.com/) のサンプルとか!)。

もちろんXAML のためのものなので,UWPアプリでも有効。 f:id:ailen0ada:20160331212746p:plain

すばらしいアップデートでした。