読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎ駆動開発

UWP, Xamarin.Macを中心によしなしごとを書いていきます。

de:code 2016 Day 2

Day 2。キーノート含め同時通訳のあるセッションはレシーバーを使わなかったのでもしかしたら勘違いしているかも。

DEV-022 これから始めるXamarin 〜環境構築から iOS/Android/UWP アプリのビルドまで〜

予定していたCLT-007 HoloLens アプリ開発セッションがキャンセルになってしまったので,せっかくならと(求められていない)応援に。

4人で入れ替わり立ち替わりするスタイルで,Xamarin の現状から環境構築までまとまっていて,経験者()も知見が得られる,また知識を整理できるセッションでした。

きちんと配慮いただいて感無量。

実際VisualStudio でデバッグできる様子とか,Xamarin Studioのデザイナとか,勘所は押さえていたのでほんとに入門にはよかったと思う。

DEV-021 Integrate GitHub Into Your Organization

GitHub を自社,というかGitHub以外のシステムとどう連携させるか。直接システムにアクセスするような機能はなく,自分でゲートウェイの部分を作らなきゃいかんと。それをnode.js のサンプルを示しながら何ができてどう応用できるのかが紹介された。

Twitter認証のサンプル。

ぜひ試してください。すると…

ビルドシステムを雲の上に構築するために聞いたのだけど,コードレビューならこれ,デプロイならこれ,と具体的に製品が紹介されていたのは助かった。

ほかにWebHookを生やして,イベントを受け取り,それに対するリアクションを行うデモも行われた。

DBP-013 Cortana Intelligence に切り込め!

パーソナルアシスタントのCortanaじゃなくて,分析基盤のCortana Intelligenceの具体的な使い方。

何はともあれ,分析手法の決定。これはチートシート参照でいける。

データの下ごしらえが大事。

この辺は研究でデータ眺めるのにやる話題だった。後はそれをAzureがどうサポートしてくれるか。ソリューションテンプレートが用意されてるのでそれに乗っかりましょう,ということだった。

DEV-002 .NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来

ということで足かけ2年,k -> dnx -> dotnet とコマンド名だけ見ても変わってきてる.NET Coreの今と未来。

実際業務でmono on docker を使ってセルフホストのWebアプリを運用しているのだけど,もう移行していってもいいなと感じた。Self-contained app というランタイム同梱できるビルド方法があるようなので,それ使ってバイナリをデプロイするようにすればDockerfileもシンプルになるし。

現時点でできること,今後変わりそうなことがまとまっていて,自分で試すとっかかりとなった。

DEV-023 Xamarin Deep Dive 〜Xamarin.Forms の可能性〜

実際いつもXamarin.Mac ばかりで,Formsについては結構怪しい部分もあったので,知識整理の意味も込めて。あと応援団として(求められてない)。

XAML手書き派なので,実際Previewerがあれば開発効率としてはWPFの8割くらいまでは追いつくんじゃないかと思っている。インテリセンスは効いて欲しいけど,聞かなくなったら閉じて開き直したら直るというXamarinあるあるで解決するならよし。

Xamarin Workbookも紹介され,Formsというものの基礎から今使える最新機能まで網羅されていた。ただ寝てるやつは許せなかったので5回ほど肘鉄しました(うち一回は両サイドからシンクロアタックに成功)。

DEV-007 Building Cloud Connected Xamarin Apps

Microsoft の Senior Technical Evangelist, Chris Risner さんによる英語セッション。荒井さんのインサイドUWPと迷った。

冒頭10分はこの日のXamarinセッションを全て網羅した上で,AndroidiOSのXamarinの違いまで踏み込むというスタート。

もうとにかく早口。普通に1セッションできるネタを10分満たないくらいで駆け抜け,Azure Mobile Appsのサンプルプロジェクトをライブで拡張していきながら,Azure の機能,Xamarin の機能を解説していくセッション。情報量がすごい。ほんとに。

で,目論見としてはデモされた一部でもいいのでセッション中にXamarin.Mac で同じ事をやろうと思っていたのだけど,Azure ポータルからプロジェクトファイルが全然落ちてこなくて詰んだという。

Ask the speaker でお話しすることができて,プロジェクトファイルが落ちてこないのは会場のネットワークのせいだと思うから家でトライしろよと。また,Xamarin.Mac 知ってるけど周りにはやってるやついないなあ,という話を聞けた。そりゃそうだろうなあ。

まとめ

来年も行きます。もちろん。

やる気充電できた

毎年開発者としてのやる気を補充しにいっている感じです。明るい未来,ちょっと先の素敵な未来をいろんなかたちで見ることができて,すごく励みになりました。

Tシャツ作ってよかった

I can develop Xamarin.Mac a little,ワタシハ ザマリン・マック チョットデキル Tシャツを作って着ました。なかなか自分から話しかけるのが苦手なので,Tシャツをネタに会話できたのでよかった。またネタを考えて投入していきたいです。

ハーゲンダッツなかった

ミスドに戻ってよかったけど,ダッツ,でなくてもアイスがほしかった。

ランチセッション以外でお弁当なかった(たぶん)

前はランチオンリー部屋があったのに…。1日目はお弁当いただいたけど,2日目はドーナツとコーヒーでカロリー補充することに。

会場が…

もうセッションが終わったら次のに並びに行かねばならず,しかし場所によっては並びに行くにもめちゃ混みの廊下を突破せねばならず,お手洗いに行くのも飲み物取りに行くのもだいぶ厳しい感じに。もうちょっとどうにか。パシフィコぜひ。