読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎ駆動開発

UWP, Xamarin.Macを中心によしなしごとを書いていきます。

所属変更のお知らせ

Xamarin

3年11ヶ月勤めた株式会社IMAGICAを退職し,本日3月21日より,株式会社ライフベアC# エンジニアとして働きます。AWSがんばります。もちろんXamarinもやりますよ!

だけではなんなので,少しだけ振り返りをします。

やっていたこと

Xamarin.Mac / WPF を使ったデスクトップアプリケーション開発,Lambda/Elastic Beanstalkを中心としたAWS周り,Colorfront Transkoder/Adobe MediaEncoderを中心としたトランスコーディング自動化を主務としていました。またBitBucket+JIRAの導入からGitHubへの移行,社内デジタルサイネージの整備といった部分も担当させていただきました。

映像制作の現場に潜り込み,編集作業が進行している隣でコーディングしていくというのは最高に楽しかったです。そこには互いの守備範囲を理解し,尊重し,なにより信頼する関係がありました。また2度ほどあった,今書いているコードが動かなければオンエアが危ういという極限状況は得難い経験でした。

転職の動機

自分で思いついたこと,制作現場のスタッフからいただいた要望をもとに割りと好き放題やるということはできていましたが,「ある程度自由に振る舞ってよい」を見返りに昇格,昇給への反映がなされなかったことが第一だと思います。自分の働きによってなにが,どの程度効率化されたのか数値で示せなかった私に非があると言えば,まあそうです。ぐうの音も出ません。

いろいろある中で最もショックだったのは「ひらの君がやるならC#ASP.NET MVCでもいいけど,他の人書けないからRoRね,勉強会やってみんなできるようにするから,ていうか君には聞いてないしね」と言われたことでしょうか。選定基準そこかーい!比較表出したから意見言ったのにそりゃないじゃん!議論する気ないなら呼ぶな!

というのが積もり積もったところでよいお話をいただけました。即断即決で逆に引かれました。

未練なくすっぱり転職したかというと一つ心残りはあって,今だと8Kですが高精細映像の最先端に立ち向かうというのは前職でしかできないことなので,そこはやりたかったです。あの辺は技術と言うよりセンスなので属人性高くなるのが欠点ですが,それを何とかしてみんなができるようにする,というのは取り組みたかったです。まあ評価にはつながらないんですけど。

これから

私より技術クラスタへの影響力がある,またお仕事のできる方に囲まれてお仕事していくことになります。大変刺激のある環境で追いつくのに必死な一方,なによりもとても議論が楽しい環境です。チームのメンバーとして存在感を発揮できるよう,努力していきます。

勉強会やイベントでお目にかかった際にはご挨拶させてください,いろいろお話しさせてください,今後ともよろしくお願いします!